s技研

千葉から発進!!車両型ロボット開発 -> ロボトレース 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第36回全日本マイクロマウス大会決勝

私は見学ですが,経緯を残しておきます。

8:30
控室到着。
さすがに,決勝日なので人数が少ない。
生徒たちは充電のみ行い,マシンを預ける。
私は,修了生と決勝現場へ。
とある方に見どころの観客席を教示していただき,見学スタンバイOK。

9:30
ロボトレース競技決勝コース公開。
昨年の学生大会コースに似たペロペロキャンディだ!と一瞬思う。
進行のお姉さんがコースの特徴と難易度を説明していく。
今年のコース紹介は気合が入っていた。
かたつむりの触覚の入り口が早速難しいか?

探索走行が完走するも加減速走行で撃沈するマシン続出。
S君も加減速走行でコースアウト。
短いセクションが連続するのが苦手だと話していたとおりの結果であった。

後半にやっと加減速走行で完走するマシンが出てくる。

K君は,探索成功も2走目で触覚入り口でコースアウト。
全滅かと思いきや,3走目完走でタイムは23.709s。
かなり抑えめ設定の様子であった。
どうやら,アニキからアドバイスをもらっていたらしい。
アニキありがとう!

結果は
K君4位入賞
S君19位
ロボトレ歴2ヶ月である2人とも大したもんだ。

さて,決勝終了後のコース開放で私のマシンも走行してみる。
(東京工芸大学からくり工房の計測係の方ありがとう!!)。
結果
1走目:50.345s(1m/s探索)
2走目:25.550s
3走目:23.927s
・・・負けた。

その後のタイムアタックで,

22.935s
K君
22.035s
・・・完敗だ。

昨日の数々の逆境を乗り越え,結果が出てよかったよかった。
そして,今年の取り組みで,昨年よりアニキに近づいた気がする。

大会運営関係者の皆さまのおかげで,今年も楽しく過ごせました。
特に,競技中で受付が暇な時間にもきちんと挨拶していた東京工芸大学からくり工房のどなたか!
とてもよかったです!!
皆さまお疲れさまでした。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/24(火) 21:10:31|
  2. ロボトレース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MPU-9250におけるデータ取得時間見積もり | ホーム | 第36回全日本マイクロマウス大会予選>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sgiken.blog.fc2.com/tb.php/73-7460c671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。