s技研

千葉から発進!!車両型ロボット開発 -> ロボトレース 

第36回全日本マイクロマウス大会予選

すでに大会後ですが,予選の経緯まとめ。

21日
8:30
東京工芸大学到着。
昨年と同じ時間に到着したはずだが,相当数の参加者が揃っていた。

8:40
2F会場の試走コースで試走。
先日の学生大会コース。
私は特段問題なく完走。
S君はゴールマーカ前で停止(その後解決したんだっけ?)。
K君はスタートマーカ直後に停止。
おいおい。
K君がログを確認するが,ありえない状態遷移をしているらしい。
うーむ。
とりあえず,プログラムを再書込。
しかし改善せず。
ソースをビルドしようとするが,そんなファイルないよとコンパイラに言われる。
え?
私もはじめて見るエラーメッセージだ。
悩む。
ぺんたさんから,プロジェクトを作りなおしたら?とアドバイスを受ける。
なるほど,解決した。
しかし,次は試走コースのゴールマーカ直前で停止。
おいおい。
これはソフトウェアが原因なので,その後の作業について私は関知せず。

11:00
ロボトレース予選コース開示。
そうきましたか。
リスクはあるが,直線番長になろうと決意。
なかなか長い直線を評価することもないですので。

13:00
午後の競技開始。
海外勢のタイムを見て,やはりレベル高いな。

14:30頃
生徒たちは,それぞれのバグを解決した様子で,顔色が良くなっていた。
終いには,設定を上げたいがどうか?という相談をしてくる始末。
やめとけと言いつつも,やりたいようにしたらとも言う。

予選出走はS君から。
探索走行を無事完走。
まずはよかった。
毎回,生徒もそうだが私も緊張する。
その後の最適化走行も無事完走。
学生大会に間に合わなかった最適走行プログラムだが,今回で目標を達成できてOKです!

次に,朝から顔色悪い状態であったK君。
出走前に,どうやら最高速度を上げたスペシャル設定を実装したらしい。
2走目で4秒台ならばスペシャル設定で3走目やってみな!ということに。
そしてなんと4秒台で完走。
マシンの実力を過小評価していたようだ。
3走目で4.645sで暫定2位。

その次は私の出走。
3走目で4.627sとなり,生徒のタイムを18ms上回り暫定2位。

その後,アニキが1位となる。

よって予選結果は,
K君4位
S君14位
私は3位
でした。
よかったよかった。

予選の後,競技におけるロボットの独自性と類似性についての議論の末,
K君,S君が決勝進出。
最良の結果で,よしよし。
私は,明日はのんびり過ごします。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/22(日) 23:20:26|
  2. ロボトレース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第36回全日本マイクロマウス大会決勝 | ホーム | 第30回全日本学生マイクロマウス大会に参加しました<追記>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sgiken.blog.fc2.com/tb.php/72-e43c08de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)