s技研

千葉から発進!!車両型ロボット開発 -> ロボトレース 

スピーカ発熱

SMT-0540-S-Rは圧電でなく磁気式なようだ。

それはともかく,発熱している(140mA程度余計に電流を消費)。
ソフトウェア上では鳴動させていないはずなのに,微かに鳴動もしている・・・?

スピーカはNchFETでスイッチングしている。

ドレイン電圧をオシロで測定してみる。
ピークが電源電圧の4倍程度のスパイク電圧が観測できる。
とりあえず,スピーカと並列にダイオードを追加接続。
スパイク電圧は低減できたが,発熱および微かな鳴動現象は解消されず。

スパイク電圧でFETが故障したかと考え,交換してみるが変化せず。

さらにオシロで電源ラインを観測すると1ms周期でノイズがある。
LEDのパルス発光にレギュレータが追従していない。
それによるノイズ?
いろいろ考える。
うーむ。

原因はソフトウェアでした。
鳴動させないときは,タイマのトグル出力を止めればよいと考え,タイマカウントを停止していた。
しかし,タイマカウントを停止してもトグル出力がON状態で停止しては意味が無い。
これか。

鳴動させない時は,ポートの設定でハイインピーダンスにすることで解消。
はあ。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/18(火) 23:50:22|
  2. マイクロマウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<マイクロマウス開発手詰まり | ホーム | インターバルタイマとトグル出力動作確認>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/08/22(土) 23:49:02 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sgiken.blog.fc2.com/tb.php/66-586e02f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)