s技研

千葉から発進!!車両型ロボット開発 -> ロボトレース 

プログラム転送確認

電源部品を実装して,動作確認した。
暑い中,火を吹かずによかった。

しかし,プログラム転送でハマった。

回路CADを改めて眺めてみたりしたが,ここではなさそうだ。

3.3V用に新調したUSBシリアル変換基板が怪しい。
オシロで確認したが,TXD端子が開放?
原因は銅のパターンが酸化しており,ハンダが乗っていない様子。
この基板は基板加工機で自作しており,念入りにチェックしていたが,酸化による接続不良があったとは。

どうにか,Lチカを確認。
疲れたので,作業はここまで。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/14(金) 00:20:21|
  2. マイクロマウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インターバルタイマとトグル出力動作確認 | ホーム | マイクロマウスやってみよう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sgiken.blog.fc2.com/tb.php/64-7bd1f314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)